ぐうたらぐちぐち日記。

ぐうたら主婦が 愚痴ったり弱音を吐いたりします。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母のこと・・・その?


結婚後 わたしは夫の両親と同居しました。

実家から 50?離れた町で 暮らすようになりました。


母と伯母は なんでも口出ししたい方。

夫の両親は 嫁は嫁 という古い考えの持ち主で

両家の間で 辛い思いをしました。


夫の家は ごく普通の田舎の家庭です。

ちょっと堅苦しいけど。

わたしの実家が特に変なのです。

そこで育ったので わかりませんでした。



いろいろあったのち 夫が遠くに転勤になり

夫の両親と離れることができ

夫婦と子供ひとりの水入らずで 暮らせるようになりました。



しかし それからも 母の借金を払ったり

滞納していた年金を追納したり

いろいろな手続きに奔走したり・・・。


伯母は亡くなりましたので 母は一人暮らし。

店も立ち退きになり 辞めることになりました。



母は食事の好き嫌いが激しく

嫌いなものは絶対食べようとしない

味付けの濃いものが好き

煙草を吸う 大酒のみだったので

病気にならないはずがありません。


60歳で 圧迫骨折した背骨も すかすかで

数年の間に 合わせて3か所もつぶれました。

骨粗鬆症です。



そして 74歳の誕生日の3日後

倒れていたところを 訪ねてきてくれた友人に発見され

救急車で運ばれました。

心筋梗塞です。

発見があと3時間遅れたら 亡くなっていたと言われましたが

実は倒れて2日経っていました。


しょっちゅう電話をかけ合っていたのですが

たまたま忙しくて電話できなかった 2日間の出来事で

非常に悔やまれました。

母の友人に感謝です。



お医者様の懸命の処置で 一命を取り留めました。

連絡があって いつもは3時間半かかる道のりを

車をぶっとばし 2時間半で病院に到着しました。

よい子は真似しないでね。


親戚の者は 葬式の話を始めました。

まだ 亡くなると決まったわけではないのに。

叔父は自分の家へ泊れと言ってくれましたが

毎晩 母と伯母の悪口を聞かされ

恩着せがましく 晩ごはんの食材を買わせられたり

叔父の孫たちに プレゼントを強いられたり・・・

まったく 母もとんでもない人でしたが

母の姉弟も ろくなもんではありませぬ。

遠い親戚より近くの他人。

親戚には いまだに頼る気もつきあう気もありません。


ありがたいことに 徐々に回復する母。

保険のきかない個室に移され 毎週何万もの部屋代。

それでも どんなに苦労かけてくれてもいい

寝たきりでもいい とにかく死なないでと 泣きながら

毎日祈っていたので 片道180?を往復しながら

仕事をして 病院に行って 仕事をして 病院に行って・・・

を しばらく続けました。


回復してくると 口もよく動くようになるようで

助けてくださったお医者様に ひどいことを言ったり

なにか気に入らないと 文句を言ったり

わたしは謝ってばかりで 参りました。


さすがに心身ともに限界がきそうなので

母を 近くの病院に転院させることにしました。

受け入れてくれる病院探し

市役所の手続き

もと住んでいたところの処分・・・

当時30代半ばの元気盛りだったとはいえ

我ながら よくがんばったと ほめてやりたい。


そのツケが今まわってきているんでしょうけどね。


続く・・・。



どうでもいいような 変な昔話におつきあいくださって

ありがとうございます。

あと5回ぐらい続く予定・・・(苦笑)







Menu

プロフィール

もぷかっち

Author:もぷかっち
独身じゃないけど 一人暮らし。
2ワンがいるから 淋しくないもーん。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

いつでも里親募集

最近の記事

ブロとも一覧

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。